医療保険を使った訪問看護の利用
利用回数と利用料金の説明
訪問看護ステーショングリーン
訪問看護の利用料(医療保険編)
Check!
気になる利用料金
医療保険の適用で、総額の1~3割が訪問看護の自己負担分利用料金となります
Step1

利用回数について

まず、医療保険と介護保険における違いとして

介護保険による訪問看護では、ケアマネージャーと利用者、そして訪問看護ステーションとの話し合いを経て1週間の訪問回数や時間が決定します。1ヶ月にどの程度のお金がかかるのかもケアマネージャーが計算して事前に教えてくれます。

 

それに対し、医療保険による訪問看護はケアマネージャーを通さず、利用者と訪問看護ステーション間での協議によって1週間の訪問回数や時間数を決める事がほとんどです。そのため、利用回数の制限や利用料金の仕組みについてしっかり理解しておいた方が良いかもしれません。

 

さて、利用回数について

介護保険ではケアマネージャーがケアプランに計画さえすれば毎日利用する事が可能でした。

しかし医療保険の訪問看護

日曜日を初日とする1週の内3日までの利用を限度としています。

 

ただし、一定の条件を満たす者は週4日以上の利用も可能となります。

・特別指示書を交付された期間

・身体が一定の状態に該当する者(別表8)

(例:留置カテーテルを使用している者、重度の褥瘡の状態にある者等)

・厚生労働大臣の定める疾病(別表7)にり患している者

例:末期の悪性腫瘍患者、筋萎縮性側索硬化症等)

Step2

基本的な利用料金

では1回あたりの利用料金はいくらなのか?

以降、この章では保険適用前の総額の費用で説明していきます。

 

まず訪問看護の基本料金は2つの料金の組合せで構成されています。

基本療養費管理療養費です。

この2つの合算額が1回の利用料金となります。

それぞれ、何回目の利用かによって金額が変わりますので説明します。

 

訪問看護基本療養費

週3日までの場合…5,550円

週4日目以降の場合…6,550円

となっています。週4日目以降は少し金額が高くなりますね。ちなみに医療保険は時間によって料金が変動することはなく、原則として一律の料金となります。

 

訪問看護管理療養費

月の1回目…7,440円

月の2回目以降…3,000円

となり、月の1回目だけが高くなります。

 

まとめると

月の1回目は 12,990

週3日まで 8,550

週4日目以降 9,550

となります。これに医療保険の保険証に記載された負担割合を乗じた額が利用料金となるわけですね。

Step3

その他の利用料金

基本料金の他、月に1回または、条件に該当する都度追加される利用料金があります。

加算と呼ばれるもので代表的なものを以下にご紹介します。

 

24時間対応体制加算 …1ヶ月 6,400円

訪問看護ステーションが利用者やその家族等からの電話等による連絡や相談に常時対応し、必要に応じて緊急時の対応を行うことを契約した場合

 

特別管理加算 …1ヶ月 2,500~5,000円

特別な管理を必要とする機器を使用したり、一定の心身状態にある利用者に対して、訪問看護ステーションが計画的な管理を行うことを契約した場合

 

早朝・夜間訪問看護加算 …1回 2,100円

訪問看護ステーションが利用者及び家族の求めに応じ

19:00~22:00及び5:00~7:00の間に訪問看護サービスを行った場合

 

深夜訪問看護加算 …1回 4,200円

訪問看護ステーションが利用者及び家族の求めに応じ

22:00~翌5:00の間に訪問看護サービスを行った場合

How Much

具体的な例で1ヶ月の利用料を計算
では、ここで具体的なケースで利用料の計算をしてみましょう。

ケース1 服薬管理と病状観察

持病のある方は毎日いくつものお薬を飲まなければならなかったり、病気の変化を早目に察知してかかりつけ医に受診をしなければならなかったりと気苦労と不安を抱えて暮らしているかと思います。

そこで、訪問看護師が週に1回訪問して、体調の変化を確認し、お薬の飲み忘れ確認や、飲み忘れ防止の為に配薬しておいたりします。

この場合

週3日までの訪問 

 月の1回目 

 → 12,990 円 × 1回

 2回目以降

 → 8,550 円 × 3回

もしもに備えた24時間対応体制の契約 

 → 6,400 円 × 1回

 

1ヶ月 合計 45,040 円となり

1割負担なら 4,500 円です

※5円未満切り捨て 

 

続いて

ケース2 膀胱留置カテーテル管理 

排尿障害等により尿が出にくくなってしまった方や自己導尿が困難な場合、膀胱留置カテーテルを挿入されることがあります。これにより膀胱に溜まった尿を出して排尿を助けるのですが、正しく管理をしないと尿路感染症等のリスクがあります。

そこで、訪問看護師が週に3回定期的に訪問しカテーテルの状態を確認したり、尿の流出状況をチェックします。また、万が一抜けてしまった場合には緊急で駆けつけて新しいものと交換したりします。

この場合

週3日までの訪問 

 月の1回目 

 → 12,990 円 × 1回

 2回目以降

 → 8,550 円 × 12回

 

もしもに備えた24時間対応体制の契約 

 → 6,400 円 × 1回

カテーテル管理の特別管理加算 

 → 5,000 円 × 1回

 

1ヶ月 合計 126,990 円となり 

1割負担なら 12,700 円です

※5円以上10円に切上げ 

 

あくまでも例ではありますが参考になりましたでしょうか。

Access

千葉市や市原市で在宅での看護サービスを実施しご利用者様の生きがいを創出いたします

概要

会社名 合同会社 SoGreen
住所 千葉県千葉市緑区誉田町2-20-68
第一コーポA棟101
電話番号 050-3568-0062
営業時間 8:30~17:30
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り駅 誉田駅より車4分

アクセス

千葉市と市原市にお住まいで在宅医療が必要という方々を対象に、訪問方の看護サービスを提供する会社を設立いたしました。同時に看護師全員が働きやすさを実感できるような環境整備に力を入れることで、ご利用者様のQOL向上を目指します。

< 12 3 4 ... 9 >
RELATED

関連記事